筋トレ

ジムでの筋トレに適したシューズはこれだ!!【価格帯別に紹介】

筋トレのためのジム通いに適したシューズってどんなものがあるか初めてだと全然わからないですよね。

私も一番最初はどんなシューズがいいのかわからず、ランニングシューズを買おうとしたりしてました。でも実際は筋トレなら筋トレに適したシューズがちゃんとあるのでその特徴を抑えた上で価格帯別に紹介していきますね。

この記事はこんな人におすすめ
  • 筋トレ初心者でシューズについて何も分からない。
  • 筋トレに適したシューズの特徴を知りたい。
  • 価格帯別に筋トレシューズのおすすめを知りたい。

ジムでの筋トレに適したシューズとは

ジムでの筋トレに適したシューズってどんなものなんでしょうか。

ジムでの筋トレシューズに求められる機能

例えば代表的な筋トレであるスクワットを思いだしてみましょう。スクワットといえば重たいウエイトを肩に担いで屈伸運動を行うトレーニングですよね。この時シューズに求められるのは姿勢を保つことのできる安定性です。

もしシューズに安定性がなければスクワットで膝を曲げたときにバランスが崩れて、大けがにもつながりかねません。そういった意味で筋トレ用のシューズには安定性が求められるんですね。これはデッドリフトでも同じことが言えます。

筋トレ時のシューズによる安定性とは

筋トレを行うためには安定性のあるシューズがいいということは分かりましたね。しかしここでいう安定性とはどんなことなのでしょうか。例えばあまりにもクッション性がよすぎるシューズについて考えてみましょう。

クッション性がよすぎる、つまり靴底が柔らかめのシューズのことですね。こういったシューズでスクワットをすると少しスクワットのフォームが崩れたときに、シューズがぐにゃっとなってしまい重りの重量を支え切れずにバランスを崩し転倒してしまう危険性があります。

またスクワットやデッドリフトなどの高重量を扱う筋トレ種目では一気に地面に力を伝える必要があります。その際にもクッション性のあるシューズでは力が地面に伝わりづらくなってしまいます。

そういった意味で筋トレに使用するシューズには底がフラットで固めのものがいいとされています。実際に重量挙げ種目のプロが使用するウエイトリフティングシューズと呼ばれるものは底が固く平らになっています。

ジムでの筋トレに適したシューズの種類

筋トレに適したシューズは安定性があり、底がフラットで固めのものがいいということがわかりました。

それでは実際にそのようなシューズにはどのようなものがあるか見ていきましょう。

価格の安い順に1から5まで並べてみました。

  1. 足袋(¥1000~)
  2. フットサルシューズ(¥4000~)
  3. フィットネスシューズ(¥5000~)
  4. レスリングシューズ(¥6000~)
  5. ウエイトリフティングシューズ(¥16000~)

以下ひとつずつ解説していきますね。

それぞれの大体の価格帯も記しておきます。

①足袋(¥1000~)

足袋?!と思われた方も多いかと思います。もちろんこの足袋というのは皆さんが想像されている通り、よく職人さんが履かれているあの足袋のことです。

当然ジムでの筋トレ用に開発されたものではないのですが、筋トレ界ではひそかに根強い人気を誇るシューズとなっています。

足袋は底がフラットになっていてしっかりと地面をグリップできるので安定感があります。そのため筋トレ用途としても十分に使用できるものなのですね。

ただデザイン性は乏しいというか、もともとファッショナブルに設計されるものではないため見た目にこだわる方には不向きかもしれません。

足袋のメリット

安価に手に入る。

底がフラットなため安定性がある。

足袋のデメリット

デザインがダサい。

おすすめの足袋

[キタ] 喜多 安全靴・作業靴 たび底 くつたろう たびぐつタイプ作業靴 DK-500

 

②フットサルシューズ(¥4000~)

屋内競技であるフットサルに使用されるフットサルシューズも筋トレには適したシューズになります。屋内スポーツにはバスケットボールやバレーボールなどいろいろありそれぞれに専用のシューズがありますが、その中でもなぜフットサルシューズが筋トレに適しているのでしょうか。

それはフットサルという競技を考えればわかります。フットサルは狭いスペースでの細かいボールコントロールが要求されます。よって足の間隔がダイレクトにボールに伝わりやすいように底が薄くなっているんですね。またコート内を走り回る競技でもあるため耐久性にも優れています。

フットサルシューズのメリット

底が薄く筋トレ時の安定性を保てる。

耐久性がある。

フットサルをやっていた人はそのままジムでもシューズを使いまわせる。

デメリットは特になし

おすすめのフットサルシューズ

Mizuno ミズノ モナルシーダFS SALA フットサルシューズ ユニセックス 2018年秋冬モデル インドアコート用 ワイズ3E Q1GA1812

③フィットネスシューズ(¥5000~)

フィットネスシューズはジムで行う様々な運動(筋トレ、ダンス、ボクササイズetc・・・)に柔軟に対応できるように設計された万能シューズです。とりあえず初心者はフィットネスシューズを選んでおけば間違いないとよく言われます。しかし万能ゆえに機能や種類が多すぎて意外と選ぶのに苦労するかと思います。そこでここではどちらかというと筋トレ寄りのフィットネスシューズを紹介したいと思います。

ジムで行う多くの運動に対応できる。

初心者はこれを選んでおけば大丈夫という安心感がある。

フィットネスシューズのデメリット

種類が多すぎてどれがいいのかわかりづらい。

おすすめのフィットネスシューズ

ミズノ ウエーブダイバース LG3(フィットネス)
K1GF1871 メンズ レディース フィットネスシューズ

④レスリングシューズ(¥6000~)

レスリングシューズは文字通りレスリングで使用されるシューズです。特徴としてはその競技内容から、相手からの攻撃にも耐えて倒れないようにするため靴底が薄くしっかり地面をグリップできるようになっています。

靴底が薄いということは筋トレにおいても地面をしっかりととらえて安定性を保つという面で重要な点ですね。あとはシルエット的にもかなりかっこよく筋トレコーディネートを頑張りたい方にもおすすめです。

 

レスリングシューズのメリット

靴底が薄く安定性を保てる。

シルエットがかっこいい

デメリットは特になし

おすすめのレスリングシューズ

アシックス レスリングシューズ マットフレックス5 MATFLEX 5 

⑤ウエイトリフティングシューズ(¥16000~)

文字通りウエイトリフティング専用に作られたシューズですね。ジムではウエイトリフティングしかしないという人にとっては一番おすすめできるシューズです。

特徴としてはかかとが高めに作られているという点と、底が硬く作られているという点が挙げられます。かかとを高めにすることで自然と前傾姿勢となり筋トレするときにかかる足腰への負担を軽減できるんですね。そして底が固いということは安定性を得ることができるため筋トレにとっては重要な要素であるといえますね。

ただこのシューズ、専用シューズだけあってめちゃくちゃ値段が高いので初心者の方はよほど金銭的に余裕がない限りなかなかポンと買える代物ではないと思います・・・。

ウエイトリフティングシューズのメリット

かかとが高めに作られており足腰への負担を軽減できる。

底が固く安定性がある。

ウエイトリフティングシューズのデメリット

他のシューズと比べて金額的に割高。

おすすめのウエイトリフティングシューズ

NIKE MENS ROMALEOS 2 (476927 417)
ナイキ ウェイトリフティング シューズ

まとめ

ジムで筋トレするときに必要なシューズの機能についてみてきました。

筋トレ用シューズに必要なのは重いウエイトでも支えることのできる安定性であり、そのためには底が固くフラットなものがいいということでしたね。

そしてその条件を満たすシューズを価格帯順に並べると

①足袋(¥1000~)

②フットサルシューズ(¥4000~)

③フィットネスシューズ(¥5000~)

④レスリングシューズ(¥6000~)

⑤ウエイトリフティングシューズ(¥16000~)

このようになります。

それぞれのシューズに特徴があり価格やデザインも様々です。

ぜひこの記事を参考にご自身にぴったりな一足を見つけてみてください。

 

こちらの記事もおすすめ