節約

おすすめの手持ちWi-Fiはこれ!【WiMAX一択】

いつでもどこでもインターネットができる手持ちWi-Fiって便利ですよね。

ただいざ契約しようとしても種類が多すぎて頭がパンクしそうになっちゃいます。

そこで今回はおすすめな手持ちWi-Fiをご紹介したいと思います。

先にネタバレをすると手持ちWi-Fiの線はWiMAXが一番お得でおすすめです。

手持ちWi-Fiの種類

さて一口に手持ちWi-Fiといいましても様々な種類があります。

以下に列挙します。

  1. WIMAX
  2. Y!mobile
  3. Yahoo!wifi※2019年1月に新規受付停止
  4. docomo
  5. softbank

この5つですね。これらの違いはどこの回線を使っているかです。

携帯電話と同じように考えると分かりやすいかと思います。

例えば携帯会社だとdocomoはdocomoの回線を、auはauの回線を、といった感じですよね。これと全く同じことが手持ちWi-Fi業界にも言えます。

手持ちWi-Fiだからといって難しく考える必要はなくて、どこの電波を使っているかによって名称が変わるというだけのことです。

それぞれどこの電波を使用しているのかまとめてみました。

  1. WiMAX → KDDI(au)
  2. Y!mobile → softbank
  3. Yahoo!wifi →  softbank ※2019年に新規受付停止
  4. docomo → docomo
  5. softbank → softbank

結局各手持ちWi-Fiが使用している回線自体は携帯と同じでdocomo, au, softbankの三つに分かれますね。

ポケットWi-Fiはどの回線を選べばいい?

せっかく手持ちWi-Fiを契約したのにインターネットにつながらないなんて事態になったら大変ですよね。

そうならないためにも回線の選択は重要です。その回線が自分で使用する場所でちゃんと使えるのかをしっかり確認しましょう。

結論としては5社中一社(Y!mobile)を除いて回線に大差はありません。すべての手持ちWi-Fiは基本的には携帯会社と同じ回線を使用しているので普段のスマホの電波と同じようなイメージで大丈夫です。

Y!mobileのWi-Fi使用可能エリア

さて回線に特徴がある一社はY!mobileです。以下の地図はY!mobileの対応エリアを表しています。

Y!mobileの対応エリアマップです。
Y!mobile公式HPより引用。

で色分けされているのがわかるかと思います。Y!mobileでは容量プラン別にWi-Fiを使用できる範囲が決められているのです。

7GBまでの制限有りプランの場合 ⇒ の範囲でWi-Fi使用可

容量無制限のアドバンスモードプラン ⇒ の範囲のみでWi-Fi使用可

容量無制限プランの場合は少し都心から離れるとエリアの範囲外になってしまいますね。ポケットWi-Fiのプランでは容量無制限を選ぶ方が多いのでこれでは厳しいですね。

Y!mobileはこの回線の面で他のポケットWi-Fiより使いづらい感じがあります。

他の会社のWi-Fi使用可能エリア

Y!mobile以外の会社はプランがどうであれ使用可能範囲は変わりません。

例としてWiMAXの対応エリアマップを載せておきます。

WiMAXの通信可能エリアです。
WiMAX公式HPより引用

WiMAXの場合も7GBまで使えるプランと、無制限のプランがありますがいずれにしてもマップ中のピンクのエリア内であればWi-Fiの使用が可能です。

docomo,softbankもプランによってWi-Fi使用可能エリアが変わるということはありません

ただし各会社によって電波は届くがシグナルが弱い等ありますので契約する前によく確認するようにしましょう。各手持ちWi-Fi会社のHPでエリアの確認ができます。

各手持ちWi-Fiを料金で比べる

各手持ちWi-Fiの対応エリアがわかったので次に料金で比べてみましょう。

Yahoo!wifiはすでに新規受付を停止(サービス終了)しているのでWiMAX、Y!mobile、docomo、softbankの四社で比較します。

金額はすべて3年間の総支払額で計算しています。これはWiMAXが3年契約のためです。

WiMAX
※プロバイダがGMOとくとくBBの場合。キャッシュバック分(36100円)は差し引いています。

7GB制限プラン 93824円
無制限プラン 116714円

Y!mobile
※無制限プランの3か月無料キャンぺーン分は差し引いています。

7GB制限プラン 133056円
無制限プラン 155628円

docomo

5GB制限プラン 230400円
20GB制限プラン 302400円
無制限プラン 無

softbank

7GB制限プラン 133056円
無制限プラン 無

 

いかがでしょう。WiMAXが一番料金が安いことがお分かりいただけたかと思います。

さらにそもそもデータ容量無制限の使い放題プランがあるのもWiMAXとY!mobileのみで、その二つを比べても価格差は圧倒的ですね。

いやいやdocomoにも20GBプランがあるじゃないか、20GBもあれば十分だよと言われるかもしれません。しかし3年間で30万円以上支払う必要があります。かたやWiMAXは無制限使い放題で3年間11万6千円です。

価格の面においても通信量制限の面においてもWiMAXが一番お得

softbankやdocomoにはスマホ連動割引ないの?

WiMAXが安いのはわかったけどsoftbankとかdocomoはスマホで同じ会社使ってたら割引とかないのかな

こんな疑問を持ちませんでしたか?

その疑問に対する答えはこうです。

A.現時点では同一会社のスマホを利用しているユーザーに対しての特別な割引というものは存在しない。

基本的な料金が高い分、自社のスマホユーザーにはしっかりサービスして利用者を獲得しているのかと思ったのですがキャッシュバックなどは何もありませんでした

時期的なものもあるのでそのうちキャンペーンをするかもしれませんが、WiMAXとの価格差が圧倒的なのでよっぽどのキャンペーンでもない限りWiMAXには勝てないかなあという印象です。

まとめ

各手持ちWi-Fiの対応エリアと料金をみてきました。

対応エリア的にはどれも大差ないですが、それなら価格が安いほうがいいですよね。

というわけでエリアも問題なく価格的に一番お得なWiMAXをおすすめします。

ただWiMAXにも様々なプロバイダがあり、どのプロバイダを介して契約するかによってキャッシュバックの金額も大きく変わってきます。

WiMAXのプロバイダで一番のおすすめは本文中でも触れている最大36100円のキャッシュバックがもらえるGMOとくとくbbです。実際に私はWiMAXをGMOとくとくBBで契約して36100円のキャッシュバックを受け取りました。

ただし使用端末によってはもっと安くなるプロバイダもありますので詳しくは下記の記事をご覧ください。

【WiMAX】あなたに最適なプロバイダはこれ!タイプ別に紹介!WiMAXでポケットWi-Fiを契約しようとしてもプロバイダがたくさんありすぎて迷ってしまいますよね。 どこのプロバイダと契約して...

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめ