筋トレ

おすすめプロテイン【コスパ・成分の比較表あり】

プロテインってたくさん種類があって迷ってしまいますよね。

値段が全然違うし、成分も各プロテインでバラバラだし・・・。通販サイトとかでひとつひとつ調べてたら、

一体どのプロテインが一番自分に合ってるんだーーー!!!

って叫びたくなったので今回は見やすいようにプロテインの比較表を作ってみました。

この記事の内容としては

①おすすめのプロテインを9種類紹介

②プロテイン比較表でコスパ、カロリー、タンパク質含有量、他の成分(ビタミンや)を比較

③あなたの状況別、おすすめのプロテインはこれだ!!

以上のような流れになります。

それでは見ていきましょう。

おすすめのプロテイン9種類を紹介

まずはおすすめのプロテイン9種類を紹介します。

日本企業のプロテインが6つ、海外企業のプロテインが3つです。

日本企業

①【ビーレジェンド】ホエイプロテイン そんなバナナ風味 1KG

”プロテインはタンパク質だけとれればいいのか?”そんな考えからタンパク質が体内で有効に使われるために鶏胸肉180g分のビタミンB6とレモン2個分のビタミンCを配合。風味の名称がおもしろく他にもめろめろメロン風味等たくさんのフレーバーがある。一食30gあたりタンパク質20.8g、カロリー118.7kcal。公式HPが一番お得に購入できる。ただし例外あり!ビーレジェンドを安く購入する方法はこちら

②【ALPRON】ホエイプロテイン100 イチゴミルク風味 1㎏

設立2001年の島根県に位置する企業アルプロン。無添加、無着色、増粘剤・保存料・消泡剤不使用。ホエイプロテイン100%。一食20gあたりタンパク質15.0g、カロリー70.8kcal。

③【SAVAS】ホエイプロテイン100 ココア味 1050g

ホエイプロテイン100%。7種類のビタミンB群+ビタミンC配合。一日2食とることでアスリートに必要なビタミンB群+ビタミンCが補える。一食分21gあたりタンパク質15.0g、カロリー83kcal。

④【Weider】マッスルフィットプロテイン ココア味 900g

吸収の早いホエイプロテインと吸収のゆっくりなカゼインプロテインを50%ずつ配合。独自研究から生まれたタンパク質の働きを強めるEMRを配合。また体のメンテナンスに役立つグルタミンやタンパク質の働きに必要なビタミンB群(7種類)を添加。一食分20gあたりタンパク質14.2g、カロリーは75kcal。

⑤【BODYWING】ホエイプロテインチョコorバナナ味3㎏

 ホエイプロテイン100%。”余計なものは入れない。原材料は厳選する”がモットーのBODYWING社。完全に無添加で味は薄目な粉ミルクくらい。100gあたりタンパク質が77.7g、カロリーは399kcal。味付きか味なしかで値段はほぼ変わらない(1㎏あたり100円程度の差)のでよほど味無しのものがいいというのじゃなければ、味付きのタイプをおすすめする。味付きタイプでは最もコスパのいいプロテイン。

⑥【NICHIGA】ホエイプロテイン【Instant】プレーン 3kg(1kg x 3パック)

NICHIGAは群馬県高崎市の日本ガーリック株式会社で略してNICHIGA。事業内容は食品添加物、栄養補助食品の製造販売及び食品原料の販売。100gあたりタンパク質が81g、カロリーは395kcal。まとめ買いがかなりお得。味無しではあるが番コスパのいいプロテイン。

海外企業

⑦【Optimum Nutrition】オプティマムパフォーマンスホエイ 1.95kg チョコレートシェイク味

1986年にアメリカで設立された世界シェアNo.1ともいわれるOptimum Nutrition社の販売するプロテイン。一食分39g中タンパク質22g、カロリーは160kcal。

⑧【Muscle Pharm】コンバット100%ホエイプロテイン チョコレートミルク風味 2.2㎏

ホエイプロテイン100%。アメリカ初のサプリメントブランドMuscle Pharm。スプーン一杯33g中タンパク質25g、カロリーは130kcal。海外製ならではだが味がかなり甘いという口コミが多い。

⑨【My Protein】IMPACT WHEY PROTEIN ナチュラルチョコレート味 1㎏

ホエイプロテイン100%。コスパのいいことで知られるMY PROTEIN。その味にも定評がある。1食分25gあたりタンパク質21g、カロリーは103kcal。

以上9種類のプロテインをご紹介しました。

各プロテインの比較表【価格・カロリー・タンパク質】

続いて紹介してきた9種類のプロテインの比較表を作成したのでご覧ください。

比較項目は4つ。

・コスパ

・カロリー

・タンパク質

・その他の成分

です。

それではご覧ください。

【コスパとタンパク質・カロリー含有量比較表】

コスパ カロリー タンパク質 その他の成分
①ビーレジェンド 79.1kcal 13.9g ビタミンB6、C
②ALPRON 70.8kcal 15.0g
③SAVAS 79kcal 14.3g ビタミンB群,C
④Weider 75kcal 14.2g グルタミン、ビタミンB群
⑤BODYWING 79.8kcal 15.5g
⑥NICHIGA 79kcal 16.2g
⑦Optimum Nutrition 82.1kcal 11.3g
⑧Muscle Pharm 78.8kcal 15.2g
⑨My Protein 82.4kcal 16.8g

※カロリー・タンパク質は一食分の平均量の20g当たり。①~⑨の番号は紹介してきた順に各番号と連動。

価格は常に変動するのではっきりとした価格はだせません。なのでここではコスパという形で比較しています。

こうして比較表で見比べると価格が安いものカロリーの高いものタンパク質以外の成分も含まれるもの、といったように各プロテインで様々な特徴があることがわかりますね。

あなたの状況別おすすめプロテイン

各プロテインで様々な特色があることがわかりましたね。

つづいてこれらのプロテインをあなたのニーズに合わせて選んでいきましょう。

人によってプロテインに求めるものは様々ですのでここでは以下の3タイプに分けて考えてみました。

①コスパ命!とにかく安いものがいい!

②タンパク質だけでなく筋肉に必要なビタミンとかも欲しい。

③やっぱりタンパク質含有量の多いものがいい。

各ニーズ別におすすめのプロテインをみていきましょう。

①コスパ命!とにかく安いものがいい!!

⇒ ⑥【NICHIGA】-⑤【BODYWING】-⑦【Optimum Nutrition】-②【ALPRON】-⑧【Muscle Pharm】-⑨【My Protein】

価格の安い順に並べてみました。特に⑥【NICHIGA】は頭一つ抜けてますね。味は無しですが(ミルク風味)コスパは抜群です。味有りでコスパも求めるなら⑤【BODYWING】を選ぶといいでしょう。チョコ味かバナナ味を選べて価格はおさえめです。この⑥と⑤は1㎏あたり1000円台で買えたりもします。そのほかの⑦、②、⑧、⑨は1㎏あたり2500円前後といったところでしょうか。1㎏は一日20gを一食として、50日分です。

コスパランキングの特徴としては海外製の⑦,⑧、⑨がこのランキングに食い込んできていることですね。海外製のプロテインも比較的安価で手に入ります。海外製であっても送料無料のことが多いです。ただ商品によるのでしっかり確認してくださいね。

②タンパク質だけでなく筋肉に必要なビタミンとかも欲しい

⇒ ①【ビーレジェンド】-③【SAVAS】-④【Weider】

ここにランクインした3社のプロテインはタンパク質だけではなく、ほかにも筋肉や運動に有用な成分を含んでいます。ビタミンやグルタミン等ですね。これらは体づくりの手助けをしてくれる成分なのでその分価格は高くなります。筋トレの成果を高めてくれる成分が欲しい方は試してみるといいでしょう。

③やっぱりタンパク質含有量が多いものがいい!

⇒ ⑨【My Protein】-⑥【NICHIGA】-⑤【BODYWING】

プロテインだからやっぱりタンパク質がたくさん入っていると嬉しいですよね。これに関してはどのプロテインもおおむね20g中にタンパク質は14~16gくらい。ただ⑦【Optimum Nutrition】が少な目(11.3g)になっています。

タンパク質量をシビアに求めていくなら⑨【My Protein】や⑥【NICHIGA】を購入するといいですね。

まとめ

あなたのニーズにぴったりのプロテインは見つかりましたか?

9種類のおすすめのプロテインを紹介してきましたが、これでもまだ決め手がなくて迷っている方もいるかもしれません。

しかしもしあなたがすでに筋トレを始めているのなら今すぐにでもプロテインを飲み始めることをおすすめします。せっかく筋トレしたのにタンパク質不足で筋肉が大きくならないなんてことがあれば悲しいですからね。

金銭的に厳しいという方は一番安いものから始めてみるのも全然ありです。安くても比較表で示した通りタンパク質はしっかり入っているので!

ここは将来の自分のためと思って投資してしまいましょう。

そして理想の身体を手に入れましょう!

こちらの記事もおすすめ