楽天カードの海外旅行保険の適用条件【ヘルプデスクに直接聞いてみた】

楽天カードをお持ちの方は海外旅行保険を実質無料でつけることができますのでその方法を説明します。

また楽天カード自体も無料で作ることができるので、海外旅行保険はどれにしようか迷っていてまだ楽天カードをお持ちでない方はとりあえず楽天カードを作ってみることをおすすめします。

私はいつも海外に行くときは今回紹介する方法で楽天カードの海外旅行保険をつけています。やり方は簡単なのでぜひ参考にされてみて下さい。


年会費永年無料の楽天カード

楽天カードの海外保険の適用条件

なんとなく海外保険と聞くとどこの保険会社にお願いしようかななどと考えてしまいますが、実は多くのクレジットカードにも海外旅行保険のサービスがついていたりします

そしてもちろん楽天のクレジットカードにも海外旅行保険はついてきます。ただサービスとしては存在しているのですがそれが効力を発揮するには条件がありますのでそれを満たす必要があります。

これからその条件を確認していきましょう。

保険が有効となるには、日本を出国する以前に下記に該当する代金を楽天カードで支払っていること。

①自宅から出発空港までの交通費

②海外旅行代金

楽天カード公式HPより

つまり楽天カードで自宅から空港までの交通費を支払うか、もしくは海外旅行の代金を支払えば保険が適用されますよということですね。

このままではまだ少しわかりにくいので具体例でそれぞれ見ていきましょう。

①自宅から出発空港までの交通費

空港まで徒歩で行ける距離に住んでいる方はなかなかいらっしゃらないと思います。ですので空港までは何かしらの交通機関を利用しますよね?

その交通機関の料金を楽天カードで支払えば海外保険が適用される条件を満たすことができます。どっちみち支払わなければならない料金なのでそれを楽天カードで支払うことで実質タダで海外保険を有効にすることができるんですね。タクシーやバス、電車等ありますがどれでも大丈夫です。ただし注意点がありますので説明しますね。

注意点1 空港までの交通費という言葉に注意

自宅から出発空港までの交通費とありますが勘違いが発生しやすい部分です。例えば自宅からバスでA駅まで行ってそこから空港に電車で向かうパターンを考えてみましょう。

自宅 →(バス)→ A駅 → (電車) → 空港

この場合保険が適用されるのは自宅からA駅までのバスの運賃またはA駅から空港までの電車の運賃を楽天カードで支払った場合の両方になります。”空港までの交通費”だから自宅からA駅までのバスの運賃は空港とは直接つながっていないからダメなんじゃないのと思う方もいるかもしれません。私も他のサイトで”自宅から途中の乗り換え駅までの運賃は対象にならない”と書いてあるのを見たのでダメなのかと思っていました。しかし今回ヘルプデスクに電話して聞いてみると上記のような自宅→A駅→空港のルートの場合どこの時点の運賃支払いでも保険は有効になるということでした。

注意点2 PASMOやSUICA、その他の交通系ICカードでも大丈夫?

電車やバスで交通系ICカードを使用して運賃の支払いをすることもあるかと思います。ヘルプデスクに確認したところその場合でも海外保険は有効になるとのことでした。ただし気を付けなければならないポイントがあります。それは交通系ICカードに楽天カードでチャージをした明細ICカードで交通費を支払った明細の二つを準備しなければならないという点です。

まず交通系ICカードに楽天カードでチャージした明細楽天e-naviで確認できそうですね。次にICカードで交通費を支払った明細ですね。私はPASMOという交通系ICカードを利用しているのですが駅の券売機で簡単に利用履歴を確認して印刷することができます。おそらく他の交通系ICカードも同じような手順で確認できるかと思いますよ。

注意点3 前泊したホテルからの交通費の支払いは大丈夫?

さて出国する空港が今住んでいる場所から遠くて出国前日に空港近くのホテルに宿泊したとします。具体例で言うと関西空港から出国する予定だとします。そして住んでいるのは広島県。まず前日に広島から大阪まで電車で移動してホテルで一泊。そして翌日(出国当日)にホテルから関西空港に移動する電車の運賃を楽天カードで支払うとします。

広島自宅 →(電車)→ 大阪ホテル →(電車)→ 関西空港

この場合はどうなるのでしょうか。自宅からではなくホテルからの運賃の支払いなので保険は有効にならないのでしょうか。ヘルプデスクに問い合わせたところこれも大丈夫、海外保険は有効になるとの回答でした。ここで気を付けるべきことは大阪のホテル代のみを楽天カードで支払っても海外保険は有効にはならないということです。あくまで交通費を楽天カードで支払うことが条件ですので間違いのないようにして下さいね。

②海外旅行代金

多くの方はこの海外旅行代金という条件のほうが先ほどの国内交通費の条件よりも達成しやすいかと思います。というのも海外旅行代金には海外へ行くための航空券代の支払いも当然含まれており、ほとんどの方はその航空券代をクレジットカードで支払うと考えられるからです。その支払いに使うクレジットカードを楽天カードに指定するだけで海外保険を有効にすることができるのです。ただし気を付ける点があります。

複数国周遊の場合の日本以外の国発着の航空券は?

海外旅行する人の中には複数の国を巡る計画を立てている人もいると思います。楽天カードの公式HPでは保険が有効になる例として渡航先への航空券目的地までの乗継便の航空券と記載されています。これだけ見るとなんだか日本からの航空便だけOKで他の国から他の国への移動のための航空便はダメなように感じますよね。

例として以下のような旅行プランを立ててみました。

日本→(飛行機)→インドネシア→(飛行機)→シンガポール→(飛行機)→タイ→(飛行機)→日本

この旅行計画でいうとインドネシアからシンガポールへの飛行機、もしくはシンガポールからタイへの飛行機の運賃の支払いを楽天カードで行った場合について考えてみましょう。そのとき海外保険は有効になるのでしょうか。これも分からなかったのでヘルプデスクに聞いてみました。答えはいずれの区間の運賃支払いでも保険は有効になるということでした。

ただし出国前に決済が終わっている場合のみという点にご注意下さい。例えばインドネシア旅行中にシンガポールからタイの航空券を予約して楽天カードで支払ってもそれでは保険は有効にならないということです。

海外ツアーでも保険が有効になるっていうけど”航空券とホテルのみの手配で基本は自由行動”のツアーはどうなの?

海外ツアーといえば添乗員さんがいて全てお任せでいろいろと案内してくれる形態を真っ先に思い浮かべませんか。おそらく楽天カードの公式HPに記載のある海外ツアーというのはこういったツアーを指すのかと思います。しかし私はよく現地への航空券とホテルのみの予約を旅行会社がしてくれて後は自分たちで終日自由行動というツアーを予約します。これっていわゆる添乗員さんが案内してくれるような普通のツアーとは違いますけど保険は有効になるのでしょうか。

分からなかったのでヘルプデスクに確認してみました。回答としては航空券の代金がそこに含まれているならば保険は有効になるということでした。例えばホテルだけの予約のみ旅行代理店にお願いしてそれを楽天カードで支払ったとしてもそれでは保険は有効にならないということみたいです。とにかく交通手段に関する支払いが含まれている必要があるということですね。

海外保険が有効になるその他の条件

おそらく多くの方が上に挙げた交通費関係の支払いを楽天カードで行うことによって、海外保険を有効にすることができます。しかし次のような場合はどうでしょう。

友人の分もまとめて自分が楽天カードで支払ったとき

例えばAさんとBさんとCさんの3人で旅行に行くとします。そしてこのうちAさんとBさんは楽天カードを所持しています。Cさんは楽天カードを作成していません。

旅行者:Aさん(楽天カード有り)・Bさん(楽天カード有り)・Cさん(楽天カード無し

そしてよくあることかと思いますが代表でAさんが三人分の航空券を予約して楽天カードで支払いました。Aさんはこの時点で海外保険が有効になるのはまあわかりますよね。

ではこの時BさんとCさんは支払いをしていないので海外保険は有効にならないのでしょうか。実はそうではないのです。この場合楽天カードを所持しているBさんに関しては楽天カードによる海外保険が有効になるのです。残念ながら楽天カードを元々所持していないCさんは海外保険を有効にすることはできません。

Aさん:保険有効、Bさん:保険有効、Cさん:保険無し

根拠としては楽天カード公式HPの以下の記述になります。

まとめてお支払いいただくものがご利用条件を満たしている場合は、
・楽天カードでお支払いいただいたご本人様
に加え、
・楽天カードをお持ちの同伴者全員(友人や家族問わず)
にも保険が適用されます。
楽天カード公式HPより

友人だけではなく家族にもこの条件は適用されます。

上記のAさん、Bさん、Cさんの例でいくとCさんにも無料で楽天カードを作ってもらっておいたほうが3人全員の海外保険が有効になるのでグッドですね。

まとめ

楽天カードにおける海外旅行保険の適用条件について考えてきましたがいかがだったでしょうか。旅行に使う電車やバス、飛行機等の交通費さえ楽天カードで支払えば海外保険は有効になるのでそれほど難しくはないかと思います。

ただもう一度確認しておきますが海外保険が有効となるのはそれらの決済が出国前に完了している場合のみとなりますので十分ご注意ください。

死亡・後遺障害等の一部項目の補償を除いて、クレジットカード付帯の海外保険は合算することができます。例えば楽天カードの補償額が100万円で他社カードの補償額が200万円ならばあなたは合計で300万円の補償を受けることができるんですね。

ですので他のクレジットカードのほうが補償が大きいんじゃないのと考えていろいろ調べるのもいいですが、とりあえず無料の楽天カードを作っておいて損はありません。もしもの事態に困らないためにも今すぐ楽天カードを作成しておくことをお勧めします


年会費永年無料の楽天カード

こちらの記事もおすすめ