節約

【WiMAX】クレードルっているの?その必要性について解説

WiMAXを契約する段階でいきなりクレードルという聞きなれない単語が出てきて焦っていませんか。

そもそもクレードルって何?どんな機能があるんだろう。

クレードルの価格って?いくらするの。

自分にとってクレードルは本当に必要なのだろうか。

こんな悩みを持った方はぜひ当記事でその疑問を解決してみてください。

WiMAX利用者である私も契約時にクレードルをどうするか迷ったのですが、結局クレードルはなしで契約しました。そして1年以上経過した時点で”やっぱりクレードルがあればよかった!”なんて思ったことは一度もありません

必要ない人にとってはほんとに無駄なものなので、余分にお金を払ってまでクレードルをつける必要はないかと思います。ただしクレードルがあったほうがいいという人も確実に存在するのでご自身の状況と照らし合わせてクレードルの契約をするのかどうか考えてみてくださいね。

このクレードルですが最新端末であるW06にはそもそも専用のクレードルというものがありません。これはW06の性能がクレードルなしでも十分なものであるためです。よって端末に最新のW06を考えている方はこの記事は読む必要はありません。こちらの記事でお得なプロバイダを探してみてください。

クレードルとはどんなもの?

では早速この聞きなれない言葉であるクレードルについて解説していきましょう。

クレードルの見た目

まずクレードルとはこのような形をしています。


見た感じだとWiMAXの端末を置くちょうどいい台というところでしょうか笑

ただもちろんただの便利な台というわけではありませんよ!

クレードルにはいくつかの機能があるんです。

クレードルの機能

クレードルには大きくわけて4つの機能があります。

クレードルの機能

①置くだけでWiMAX端末を充電できる。

②Wi-Fi接続機能がない古いPCでも有線接続でインターネットできる。

③Wi-Fi接続機能のあるPCでもあえてクレードルを使って有線接続にすることで回線が安定する。

④ホテル等の有線LANの電波を無線に変換でき複数機器で使用可能になる。

①置くだけでWiMAX端末を充電できる。

クレードルにWiMAXの端末を置けばすぐに充電することができます・・・・・というのがクレードルのメリットとしてよく挙げられています。私としてはこれに関してはそれの何がメリットなのという感じです。

これはクレードルを持たない私が普段どのように端末を充電しているかをみてもらえればわかっていただけるかと思います。

クレードルなしでの充電例ⅰ

WiMAXの端末をPCで充電しているところです。
PCのUSBポートから充電している様子。

クレードルなしでの充電例ⅱ

WiMAXの端末をiphoneのアダプタで充電している様子。
iphoneのアダプタに接続して充電している様子。

このようにクレードルはなしでWiMAXの端末だけで契約してもUSBケーブルはセットになっているので、クレードルがなくても全く問題なく充電できます。iphoneのアダプタをもっていないという方でも百均に同じようなものが売っているのでそれを購入すればいいだけです。

充電のためだけにクレードルを購入するというのは避けたほうがいいかもしれませんね。

②Wi-Fi接続機能がない古いPCでも有線接続でインターネットできる。

最近のPCではほぼすべてにWi-Fi接続機能が装備されています。

しかしまだWi-Fiがそれほど主流ではなかった時代のPCにはWi-Fi接続機能が無かったりします。この場合WiMAXを端末だけで契約してしまうとせっかくWi-Fiの電波はあるのにそれに接続する手段のないPCではインターネットに接続できないという事態が起きてしまいます。

こういった古いPCをお持ちでWiMAXを利用したいとお考えの方はクレードルで有線接続したほうがいいでしょう。

※ただし端末のみの契約で付属してくるUSBケーブル(充電用)で端末とPCをつなぐことでもPCでのインターネットが可能になります。よってクレードルなしであっても有線しか対応していないPCでインターネットに接続することは可能です。

③Wi-Fi接続機能のあるPCでもあえてクレードルを使って有線接続にすることで回線が安定する。

Wi-Fi接続機能のあるPCであってもあえてクレードルを介して有線接続にしてあげたほうが回線は安定します。これはWiMAXの無線という特性上、電波は不安定ですから遮蔽物等によってその強弱が左右されたりするためです。有線にすることで電波がばらけることなく直接PCに届くというわけですね。

あとはPS4でオンラインでゲームをする場合なんかもこれは当てはまります。PS4も有線と無線でインターネット接続が可能ですがやはり有線のほうが回線が安定するため向いているでしょう。

この無線を有線にする機能に関しては必要な人は一定数存在すると思うのでよく考えてみてくださいね。

④ホテル等の有線LANの電波を無線に変換でき複数機器で使用可能になる。

ホテルに宿泊する時に有線LANケーブルが部屋にあったりしますよね。

こういうやつ↓です。

LANケーブルです。

これをクレードルに接続することによって有線を無線化することができます。

これによるメリットは主に2つ。

ー ホテルの有線の電波を無線にすることで複数の機器で使用可能になる。

ー ホテルの電波を使うので自分のWiMAXの通信量の減りは気にしなくていい。

これは確かにうれしい機能ですね。頻繁にホテルに宿泊する人なんかには便利な機能だといえます。ただ使える場面がかなり限定されるだけに、この機能のみを求めてクレードルを購入するのはどうなのかなという印象です。

クレードルの価格。どこで購入できる?

続いてクレードルの価格と購入場所についてです。

ここまでクレードルの主な4つの機能についてみてきました。これらの機能と価格の価値が見合えば購入を検討してみてもいいでしょう。

さてクレードルの主な購入方法は2つあります。

クレードルの購入方法

①WiMAX契約時にクレードル付きのプランにする。

②UQアクセサリーショップ、Amazon、楽天等で購入する。

それぞれ細かくみていきましょう。

①WiMAXの契約時にクレードル付きのプランにする。

WiMAXのプロバイダにもよりますが契約時にクレードル付きを選ぶことができます。

参考までにGMOとくとくBBとso-netで契約したときのクレードル価格を載せておきますね。

プロバイダ名 クレードルの価格
GMOとくとくBB 4200円(端末W05)、3000円(端末WX05)
so-net 3686円(端末WX05)

端末や契約するプロバイダによって価格差はありますがおおむねこのくらいです。

②UQアクセサリーショップ、Amazon、楽天等で購入する。

WiMAXの契約時に購入しなくても後で必要だと思えばUQアクセサリーショップやAmazon、楽天等のネットショップで購入が可能です。

価格はUQアクセサリショップで、

W05クレードル・・・3553円

WX05クレードル・・・3980円

Amazon、楽天だともう少し安く手に入ります。

WiMAXでクレードルが必要かどうか迷うなら必要性を感じた時点で購入でいい

WiMAXのクレードルに関する機能と価格を考えてきました。

結論としてはWiMAXのプロバイダとの契約時にクレードルが必要かどうか迷うくらいならとりあえずクレードルなしで契約してしまえばいいと思います。

価格の面で説明したように契約時にクレードルを同時購入しようと、あとでAmazon等のネット通販で購入しようと価格はほとんど変わらず、むしろネット通販のほうが安いパターンも往々にしてあるからです。

またクレードルの機能面に関してですが、PCの有線接続での安定性を求める方だったりPS4でオンラインゲームをする方以外は必要性を感じる場面はほとんどないのではないでしょうか。

そういった意味でクレードルをどうしようか迷われているかたは損をしないよう、まずは端末のみでの契約をお勧めします

ここまでお読みいただきありがとうございました。

各端末ごとにお得なプロバイダがどこなのか詳しく解説した記事もありますのでこちらもご覧ください。

【WiMAX】あなたに最適なプロバイダはこれ!タイプ別に紹介!WiMAXでポケットWi-Fiを契約しようとしてもプロバイダがたくさんありすぎて迷ってしまいますよね。 どこのプロバイダと契約して...

 

 

こちらの記事もおすすめ