筋トレ

WPIプロテインのおすすめ【乳糖不耐症の方やタンパク質をより多く求める方へ】

WPIプロテインっていろんな種類があってどれが自分にあっているのかわかりづらいですよね。

そこでこの記事では価格とタンパク質の含有量の比較表を使ってあなたのニーズにあうWPIプロテインを探すことができるようにしました。

WPIプロテインをどれにするか迷っている方はぜひご一読ください。

そもそもWPIプロテインとは

まずはWPIプロテインが一体どんなものなのかおさらいしておきましょう。

WPIプロテインとはホエイプロテインのうちWPI製法で作られたプロテインのことをいいます。

以下詳しく見ていきましょう。

プロテインにも三種類(ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテイン)がありますが、筋トレする人が選ぶのは吸収の早いホエイプロテインがほとんどです。

そのホエイプロテインも製法別に大きくWPC製法とWPI製法に分けることができます。

WPC製法

Whey Protein Concentrateの略。日本語では分離乳清タンパク質製法とも。まずプロテインの原料となる牛乳をフィルターに通す。そのあとにそれを濃縮することで牛乳中のタンパク質を効率よく摂取できるようにしたプロテイン。

WPI製法

Whey Protein Isolateの略。日本語では加水分解乳清タンパク質製法とも。イメージとしては上記のWPC製法によって濃縮されたプロテインをさらにフィルターにかけてよりタンパク質濃度をあげているといった感じ。またその過程でタンパク質以外の不要なものは取り除かれる。

このようにWPIプロテインというのは多くの筋トレーニーたちが飲んでいるWPCプロテインよりもさらにタンパク質を効率よく摂取できるように製造されたものなのです。またフィルターに通す過程で乳糖も取り除かれるため、乳糖不耐症の方でも飲めるようになっています。ただし工程が多い分WPCプロテインと比べて価格はどうしても高くなってしまいます。

乳糖不耐症についてはこちらの記事で↓↓

プロテインを飲むと下痢でお腹がゴロゴロ?それってもしかして・・・プロテインを飲むと下痢になるのはなぜ?そんな疑問を持ったことはありませんか。この記事ではその原因と解決策について説明しています。しっかりと対策をして筋トレを頑張っていきましょう!!...

 

それではここでWPIプロテインがおすすめな人とそうでない人をまとめておきましょう。

WPIプロテインがおすすめな人

よりタンパク質の濃度の高いプロテインを摂取したい人。

・乳糖不耐症の人。

WPIプロテインがおすすめではない人

プロテインにそこまでお金をかけられない、もしくはかけたくない人。

おすすめのWPIプロテイン+比較表

私のおすすめのWPIプロテインを全部で10種類紹介します。価格はその時々により変動があると思いますので購入の際はご自身での価格確認をお願いします紹介の順番はおすすめ順なっているわけではないのでご注意ください。というのも各商品に特色があるため皆さんに共通のおすすめを示すのは難しいのです。

また各プロテインを紹介した後に価格とタンパク質量の比較表を載せています。簡単に比較ができるのでぜひ活用してみてくださいね!

それでは早速おすすめのWPIプロテイン紹介スタート!!

 

①【バルクスポーツ】アイソプロ 1㎏ ナチュラル

タンパク質は一食25g当たり21.6g含まれる。タンパク質含有量86.4%。他にもイチゴミルク味等5種類の味付きのものが商品展開されている。味付きだと割高になる。

②【nichie】ホエイプロテインWPI 1㎏ プレーン

タンパク質は100gあたり89g。タンパク質含有量89%。3㎏セット購入で1㎏あたりがお得になる。香料、甘味料、保存料無添加の商品。ホエイプロテイン以外の余分なものを摂取したくない方に。

③【ビーレジェンド】 WPI MUTENKA(ムテンカ)1㎏

ビーレジェンド公式HPからの購入が一番安いです。一食25gあたりタンパク質は22.18g。タンパク質含有量88.7%。味付きはAmazonでの購入が一番安いです。WPIの中でもより高度な分離方法であるCFM製法を採用。

CFM製法とは?

簡単にいうとWPC製法とWPI製法のいいとこどりをする製法です。しっかりタンパク質を確保しつつWPI製法では除外されてしまうカルシウム等も逃さないようにした製法です。

④【Optimum Nutrition】Gold Standard 100% ホエイエクストリームミルクチョコレート 905g

一食32gあたりタンパク質24.0g。タンパク質含有量は75%。2.27㎏のタイプのものであれば1㎏あたりの価格が少しお得。味はオリジナルより甘さ控えめの日本仕様となっている。

⑤【NICHIGAニチガ】ホエイプロテインWPI-instant 1kg

100gあたりタンパク質89g。タンパク質含有量89%。3㎏のセットであれば1㎏あたりの値段がお得。シリーズものでNICHIGAホエイプロテインWPIがあるが(Instantがつかない)これは溶けやすい処理を施されていないため飲むときに苦労する。よって今回紹介しているinstantのほうがいいかと思われる。

⑥【ALPRON】WPIホエイプロテイン100 プレーン 1kg

一食20gあたりタンパク質18.5g。タンパク質含有量は92.5%。3㎏セットであれば1㎏あたりの価格はかなりお得になる。ちなみに味付きも価格は変わらないがタンパク質含有量は87.5%と下がる。砂糖、保存料、増粘剤不使用。

⑦【ファインラボ】ホエイプロテイン PURE ISOLATE プレーン風味1㎏

100gあたりタンパク質は90.8g。タンパク質含有量は90.8%。2㎏セットであれば1㎏あたりの値段がお得になる。4.5㎏セットであればなおお得だ。味付きでも価格は変わらない。CFM製法が採用されている。

⑧【リアルディールニュートリション】ホエイプロテイン バルクアップトリガー WPI バニラミルク味1㎏

100gあたりタンパク質88.6g。タンパク質含有量88.6%。味は甘みが強めという口コミが多い。砂糖・保存料・増粘剤不使用。アームレスリングの全日本チャンピオンの齊藤安則とフィジーカーの齊藤匡彦の現役アスリート兄弟が製造。

⑨【SAVAS PRO】クリアプロテイン ホエイ100 840g

一食21gあたりタンパク質は19.4g。タンパク質含有量は92.4%。パワーペプチド、グルタミンペプチドの他11種のビタミンと4種のミネラルを配合。最高レベルまでタンパク質量を高めている。

⑩【FIX IT】ホエイプロテイン THINK SIMPLE 1kg WPI プレーン

一食30gあたりタンパク質は26.4g。タンパク質含有量88%。【増粘剤】【保存料】【粉末油脂】不使用。

以上私のおすすめの10種類のWPIプロテインでした。

次に10種類のWPIプロテインの各価格(1㎏あたり)タンパク質含有量を示した表を見て簡単に比較してみましょう。

価格(1kgあたり) タンパク質含有量
①バルクスポーツ 86.4%
②nichie 89%
③ビーレジェンド 88.7%
④Optimum Nutrition 75%
⑤NICHIGAニチガ 89%
⑥ALPRON 92.5%
⑦ファインラボ 90.8%
⑧リアルディールニュートリション 88.6%
⑨SAVAS PRO 92.4%
⑩FIX IT 88%

黄色は価格が安かったり、タンパク質含有量が多かったりのポジティブな色です。

は価格が高かったり、タンパク質含有量が少なかったりとネガティブな色です。

ニーズ別、あなたにぴったりのWPIプロテインはこれだ!

ここまで行ってきた各商品の紹介と価格・プロテイン含有量の比較表からニーズ別にどのWPIプロテインを選ぶべきか考えてみました。

コスパ命!できるだけ安いものがいい

とにかくお得にWPIプロテインを手に入れたいという方のために価格の安い順に並べてみました。

⑧リアルディールニュートリション→①バルクスポーツ→⑤NICHIGAニチガ→②nichie

このあたりのWPIプロテインだとWPCプロテインよりも安かったりするのでお得ですね。特に乳糖不耐症の方でWPIプロテインを飲みたいけど価格が高すぎてなかなか手を出せなかった方はこれらのお得なWPIプロテインを試してみてはいかがでしょうか

もちろん乳糖不耐症ではなく普通にタンパク質の多いプロテインをお得に飲んでみたいという方もこれらのプロテインはおすすめですよ。

なぜこんなにも価格差があるのか?

価格に差が出る原因としてCFM製法か否かが挙げられます。例えば③ビーレジェンドや⑦ファインラボはCFM製法が採用されているため価格が高くなっていると考えられます。CFM製法では従来のWPI製法では除外されてしまうカルシウム等の成分も摂り入れることができるプロテインになっているため、その製法のコストも高くなってしまうんですね。ただ個人的にはタンパク質のためにプロテインを飲むのであればそこまで気にしなくていいのではないかと思います。

あと異常に価格の高い⑨SAVAS PROに関してはタンパク質含有量を最高レベルまで高めているという触れ込みでしたので、その技術料的なものが価格に上乗せされているのかなと考えます。確かにタンパク質含有量は最高クラスに高いです。とはいっても1㎏あたり3000円ほど安い⑥ALPRONとタンパク質含有量は同じ程度なのですが。別に⑨SAVAS PROを否定しているわけではありません。グルタミンペプチドパワーペプチド等のタンパク質以外の成分も価格に反映されているんだと思います。

タンパク質含有量が高めのものがいい

WPIプロテインはもともとWPCプロテインと比べてタンパク質が多めだということはすでに説明しました。しかしそのWPIプロテインの中でもより高い割合でタンパク質が入っているものがいいという方向けにタンパク質含有量が多い順に並べてみました。

⑥ALPRON 92.5%→⑨SAVAS PRO 92.4%→⑦ファインラボ 90.8%→②nichie 89%、⑤NICHIGAニチガ 89%

タンパク質含有量をシビアに追い求めていく方はこのあたりがおすすめです。ただ今回紹介した10種類のプロテインのうち④Optimum Nutrition 75%以外はタンパク質含有量86.4%以上ですのでどれを選んでも十分高い濃度のタンパク質を摂取できます

乳糖不耐症だから乳糖ができるだけ含まれていないもの希望

全部です。

今回紹介したプロテインはすべてWPI製法、もしくはWPI製法の中でもさらに改良されたCFM製法となっているため乳糖はほとんど排除されています。ですので乳糖不耐症の方でWPCプロテインではお腹の調子が悪くなっていたという方でも、今回紹介させていただいた10種類のWPIプロテインのいずれかでも試してもらえれば改善される可能性があります。

まとめ

WPIプロテインのおすすめを紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

よりタンパク質の濃度の高いプロテインが欲しいという筋肥大に対してストイックな方や、いままでのWPCプロテインではお腹を下してしまって効率よく筋肥大できなかったという乳糖不耐症の方の参考になれば幸いです。

ぜひ今回紹介したWPIプロテインの中からあなたのニーズに合ったプロテインを探してみて下さい。

それでは引き続き筋トレを頑張っていきましょう!!

こちらの記事もおすすめ